御宅生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新今昔物語 鵺◎花輪和一◎双葉社

20100304001.jpg 20100304002.jpg

20100304003.jpg 20100304004.jpg

20100304005.jpg 20100304006.jpg

20100304007.jpg 20100304008.jpg

20100304009.jpg 201003040010.jpg

201003040011.jpg 201003040012.jpg

201003040013.jpg

新今昔物語 鵺

著者:花輪 和一 
コミック 双葉社
発売日:1982-12
ISBN-10 : 4575930636
ISBN-13 : 9784575930634
価格: 1,000円(税込)
紹介:中世古典のおどろおどろしい耽美の世界に題材をとりながら、「世紀末」の支配階段の腐敗と権力を嗤いとばす、したたかな民衆=平和人たちの異相を放った、メッセージ!!
目次:
第一話 鵺
第二話 お力所
第三話 光る佛
第四話 信奇山
第五話 外術
第六話 蟻地獄
第七話 胎内岩
第八話 不幸蟲
第九話 三二九一九六九六・みにくいくろぐろ
第十話 亀男
第十一話 家蟹

『鵺』(ぬえ)は、花輪和一作による短編の漫画であり、同作品を収録する同名の短編集である。アクションコミックスとして双葉社より刊行されている。本短編集には平安時代を舞台とした短編が表題作の本作を含め11作収録されている。

整体感觉:漫画版本的《聊斋志异》。

(yè),古代传说中是一种鸟。在这本短篇集里是ET。画风多少有点似伊藤彦造。故事出乎意料的有趣,反复看了好几遍。平安时代的怪谈奇闻,开篇是SF风格的,鵺是一家外星人。这种外星人可以蜕皮,用火一烧,掉层皮,原始记忆乜的自动恢复。ET GO HOME。“江心似有炬火明,飞焰照山栖鸟惊。怅然归卧心莫识,非鬼非人竟何物?”

最后一篇神作乃爆笑极品。平家蟹(妖怪?)化身公主与男子OOXX,结果产下的蟹黄有白色有红色。陪同蟹公主的尼姑看到蟹黄颜色恍然大悟男子是源氏逃兵,有仇!所以对蟹黄痛下毒手,将红色部分全部踩爆。逃兵问:为乜干掉红色的?那是平家的。你不知道平家是红旗,源氏是白旗?尼姑囧呆。然后平家蟹不肯再化作人形,尼姑抱着装蟹的木桶跳了海。其实桶里的蟹已经被逃兵藏在了岩石下。当然想想大螃蟹抱着一堆自己的“种”实在不爽。下杀手吧,蟹又变成漂亮公主怎办呢?所以逃兵选择了一个折中的处理方式:丢进大海自生自灭。结果丢的不够用力螃蟹摔到了岩石上,又被徘徊在附近觅食的飞鸟捉走。

单行本是1982年12月24日初版发行,没有消费税也没有ISBN码。定价730円。
前后封面下各有一张蓝色衬纸,广告页都是牛逼作,带子狼乜的。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/04(木) 22:30:44|
  2. 到処収
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<难怪九阴真经放在丹霞山 | ホーム | 大高忍@マギ1-2巻@小学館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otakuisme.blog78.fc2.com/tb.php/456-569d7802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。