御宅生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

书店里的宅向物

带着小武去看《UP》,买票的多是一对一对的小情侣或者一群一群的小男丁。偶尔出现了一位40岁以上明显是主妇流的阿姨,未携带儿童,很显眼。动画短片Partly Cloudy被水产,取而代之的是烂片中的奇葩《乐火男孩》的推介广告。正片开始:《Married Life》,十分钟年华老去,日子就在一根一根领带的更换中过去了。的确有点眼酸,周围一片抽纸巾声。好电影,过些日子入张一区BD。

看完电影逛了下书店。首先是来福士五楼的季风。

IMG0011A.jpg

快六十大寿了先翻翻纪实,沒什么好物。

IMG0014A.jpg

IMG0015A.jpg

吃喝玩乐需讲究技巧,攢本,无阅读意义。

IMG0016A.jpg

金瓶梅,塑封本,内容确认不可。那一万多字有乜也没办法查验。

IMG0017A.jpg

李碧华作品集,电影化的不少。

IMG0018A.jpg

被扫盲。诱僧。

IMG0019A.jpg

夜里拥抱,三个A CUP的女人。我们都是丑小鸭。
书籍排列得有技巧。

IMG0020A.jpg

郭小四和韩寒

IMG0022A.jpg

下列:韩寒的《光荣日》

IMG0021A.jpg

上列:郭小四的《幻城》。

难不成这书店的店员也是菊花教的?或者看过《上海绝恋》?

スポンサーサイト
  1. 2009/09/02(水) 13:45:39|
  2. 到処見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<书店里的宅向物——书城篇 | ホーム | 感兴趣>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otakuisme.blog78.fc2.com/tb.php/329-cea11779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。