御宅生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我的女神

藤貴子3


佐伯伽椰子,扮演者藤 貴子。彪悍的魅力,无敌的眼神。
女神,出本写真集?

藤貴子


藤貴子2


美女的一点相关资料

藤 貴子(ふじ たかこ、1972年7月27日)は日本の女優、声優。東京都出身。青山学院大学卒業。演劇集団 円所属。

大学在学中に演劇集団 円の附属演劇研究所に研究生として入り、その後、円の正式な団員となる。

映画監督?清水崇の学生時代の作品『家庭訪問』に出演して以来、清水作品には欠かすことに出来ない女優として活躍。 清水監督のヒット作「呪怨」シリーズには陰の主役?佐伯伽椰子として全て出演。これまでにビデオ版2作、日本劇場版2作にハリウッドリメイク版2作を含めて6度演じている。また、ハリウッドリメイク版の3作目で同役での出演も決定している。 このほか、『輪廻』ではホテルの接客係を演じている。

声優としては、TVドラマ『ER VII緊急救命室』のリナ役などの海外ドラマの吹き替えに出演。

演劇集団 円の同期である俳優?渡辺穣と1998年に結婚するが、2004年10月に離婚している。


目次
1出演作品
1.1映画
1.2テレビドラマ
1.3Vシネマ
1.4テレビアニメ
1.5吹き替え
2関連項目

出演作品

映画
THE JUON/呪怨(佐伯伽椰子)
The iDol(リカ)
呪怨(佐伯伽椰子)
蝉しぐれ(伊代)
呪怨2(佐伯伽椰子)
呪怨 パンデミック(佐伯伽椰子)

テレビドラマ
学校の怪談G 片隅(佐伯伽椰子)

Vシネマ
呪怨(佐伯伽椰子)
呪怨2(佐伯伽椰子)

テレビアニメ
星界の紋章(ギュムリュア)
デビルマンレディー(湯浅里実)
ブランディ アンド Mr.ウィスカーズ(ローラ?ボア)
名探偵コナン(海老原寿美)

吹き替え
アルマゲドン(グレース?スタンパー)*ビデオ版
グッバイ、レーニン!(アリアネ)
少林サッカー(シスター)
ジョニー?イングリッシュ(ローナ?キャンベル)
CSI:マイアミ(ナタリア?ボア?ヴィスタ)
タイタニック(ローズ?デウィット?ブケイター)*機内放送版
007 ワールド?イズ?ノット?イナフ(デニス?リチャーズ)
パラダイン夫人の恋(パラダイン夫人)
プライベート?レッスン 青い体験(ジョンヘ)
ベティ~愛と裏切りの秘書室(べティ)
エコモダ?愛と情熱の社長室(べティ)
名探偵モンク(ナタリー?ティーガー)


佐伯伽椰子
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐伯伽椰子は、呪怨シリーズ(1999年発売の映画)にオバケ役として登場している、架空の人物である。

この人物を演じるのは呪怨全シリーズを通して藤貴子である。主に伽椰子の子供であった佐伯俊雄の霊とペアで登場することが多い。「ア?ア?ア」と独特の声を発する。この声は、呪怨の監督である清水崇の声である。
呪いの家の屋根裏に住んでいると考えられている。この屋根裏は伽椰子が殺され、殺害した夫が伽椰子の死体を放置した場所である。
ハリウッドリメイク版2作目の呪怨 パンデミックにてどのように伽椰子が誕生したのかが明かされている。


呪怨の人物像としての伽椰子

佐伯家の妻であり、俊雄の母であるとともに、学生時代大好きだった小林のストーカー的存在でもある。
小林に対する恋心や強い思いを日記に書き留めており、これが呪怨シリーズのワンアイテム”伽椰子の日記”、である。しかしある日、日記を夫に発見され、嫉妬から殺害されるまでに至る。この怨念から、夫を呪い殺し(劇場版では夫は路上で不審死とされているがビデオ版ではゴミ袋から出てくる何者かに殺害されるとされている。)、その後俊雄を現世から消し去った(わが子をあの世へ連れて行った)と考えられる。
シリーズでは呪いの家に存在し、それらに関わったものを全て呪い殺す怨霊(悪霊)として登場する。時には人の電話番号や姿を使いながらどこからとも無く登場したり、時には呪ったものを脅すようにTVの映像を改造したりする特殊能力を持つ(呪怨劇場版1にて)。
しかしそれらは伽椰子の悪質ないたずらだと考えられる。
伽椰子や俊雄に遭遇した人は必ず消されるか、殺される。

見どころ
この人物の見どころは、呪怨シリーズラストで階段から這い降りてくる所(劇場版2を除く)とされている。(リングの貞子が登場してくるシーンなどに並んで怖いとされる。)
劇場版の中盤のように、布団の中などからいきなり現れるところと違って、なぜ階段から這い降りてくるのかは不明である。

伽椰子の行動と目的
「なぜ、自分を殺した夫と愛する小林の殺害、俊雄の誘拐を達成したにも関わらず、次々と呪いの家の入居者を殺害し続けるのか?」という視聴者からの疑問が相次いでいるが、実は伽椰子の親は昔、一種の除霊のような儀式を行っていて、除霊の際に他人から取った悪霊を伽椰子に飲ませ続けるという行動を母親が繰り返していたことが「呪怨 パンデミック」にて判明している。それによって伽椰子が悪魔化してしまい、何時しか「この苦しみを他人に味あわせてやりたい」という念が生まれ、”呪いの家”に関わった者を次々と呪い殺してしまっている。


概要
佐伯伽椰子の発する「ア、アアアア、アアアアアアア」という声は、すべて監督である清水崇の声である。
当初、呪怨のタイトルは?呪怨霊」であったが、清水崇の意向により?霊」が外され現在のタイトルになった。
ハリウッド版リメイク『The Grudge』は米国で撮影される予定だった。
米国人役者が日本に来て一番驚いたのは、「ホラー映画にもかかわらずポルノ描写がまったく無い(もしくはそういった描写がないようにスタッフが気をつかっている)点」だったという。
これは一般的に、ハリウッドのホラー映画では前半にポルノ描写を含んだいわゆる「主人公達においしい」シーンを盛り込みつつ、中盤以降にホラー描写を一気に持ってくる(これにより多くの観客は前半での自分勝手な主人公達に嫌悪感を抱き、後半以降主人公達が酷い目にあってもあまり不快感を感じなくなるという効果もある)という、ある種ジェットコースター的なストーリーの映画が多く存在するからである。
Jホラーでは、霊の直接的な露出を避ける傾向にあるが、呪怨シリーズでは直接的な霊の登場がかなり多く、どれも恐ろしいものばかりである。清水監督は「笑われるほどに幽霊を出しまくるのが呪怨のコンセプトである」と語っている。霊の登場シーンを見てそのあまりの過激さに爆笑してしまうような人も少なくない。
伽椰子の声や俊雄の姿は見るものに強烈なインパクトを残し、リングの貞子と並んでコントパロディキャラが多い。
伽椰子と俊雄以外の幽霊もサブキャラで登場している。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/02(水) 15:57:39|
  2. 到処見
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<红衣大侠 | ホーム | 生死和愚人节有关>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://otakuisme.blog78.fc2.com/tb.php/109-d38ea951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。